銀野舎
銀野舎ブログ北海道の動物園・水族館2024年4月末(GW) 北の大地の水族館~北きつね牧場~摩周湖
[2024/04/26] ブログ北海道の動物園・水族館
2024年4月末(GW) 北の大地の水族館~北きつね牧場~摩周湖
 2024年のゴールデンウィークが始まりました。ゴールデンウィーク期間限定の展示があるということで見に行きました。
 朝7時前に旭川市の自宅を出発して、朝9時前くらいに北見市留辺蘂の道の駅に到着。トイレに行って、ちょっと休憩。
 そして、北の大地の水族館の9時オープンに合わせて入館。


 北の大地の水族館にはゴールデンウィーク期間限定で「赤いイトウ」がいます。「幻の魚」と呼ばれるイトウの更に「幻の姿」。繁殖期を迎えたオスの婚姻色で赤くなるのだそうです。毎年ずっと定期的に展示しているのは日本国内で北の大地の水族館だけ。
 今日はこの「赤いイトウ」を見に来ました。

 入館してすぐにイトウの大水槽へ直行しました。朝イチで来て1人目に入館したので、僕の他のお客さんはまだいない。赤いイトウをゆっくりじっくり鑑賞して堪能しよう。
 と思ったら、既に取材が入ってました。オープン前から来ていたのでしょう。地元の某新聞の記者で、とても礼儀正しくて鑑賞の邪魔にならない人でした。

 赤いイトウを鑑賞。
 綺麗!
 本当に赤い!
 ほんのり赤いかな?とかじゃなくて、ガッツリ赤い!
 スゲー!
 生命の神秘!
 これが幻の姿!





 イトウを見ていると、記者さんから声を掛けられました。
 マスコミの中には横柄な人もいて、そういう時は全く協力してやらないのだけど、今日の記者さんは良い人だったので、カメラの画角に入らないように避けたり、わざと入るように位置取りしたり、撮影の協力をしました。後日、ネットでその新聞の記事をチェックしたら、僕がバッチリ映ってました。帽子とマスクで顔は分からないけど、間違いなく僕。面白かったー。

 赤いイトウがいるイトウ大水槽を30分以上鑑賞して、充分に満足したので、あらためて館内を見て周る。

 オショコマの滝つぼ水槽。


 四季の水槽。



 エゾサンショウウオ。


 ピラルク。


 トランスルーセントグラスキャット。


 ブタバナガメ。


 アミメウナギ。


 期間限定の特別展「きゅうりおうってなぁに?」やってました。
 キュウリウオ。



 キュウリウオの仲間、ワカサギ。



 キュウリウオの仲間、チカ。


 見た目や匂いがキュウリに似ているから「キュウリウオ」と名付けられた、という説があります。
 なので、キュウリも展示。


 あと、なぜか、キュウリョウ。


 11時。今日は先の予定もあるので、北の大地の水族館は出て、すぐ近くにある北きつね牧場に移動。
 受付して北きつねがいる園内へ入ろうとしたら、扉の前に北きつねがいて通せんぼされてしまって入れない。いつもなら人間が扉を開けようとしてガタガタした瞬間に逃げてくんだけど、この子は全く逃げない。どういうこと!?


 入れなくて困ってたら、中にいたスタッフさんがこの子を呼んでくれて、それでようやく移動してくれて、中に入れました。
 なぜかは分からないけど、この日は、出入り口の前あたりに北きつねがたくさん集まっていました。


 園内の真ん中の通路を歩いて行こうとしたら、門番みたいな北きつねが立ちはだかって睨んでくる。


 おそらく近寄れば避けてくれるだろうけど、せっかくなので(?)、いつもと違うルートで歩いていってみよう。真ん中ではなく大外の通路をぐるっと歩いて見る。

 園内では、北きつねちゃん達はみんな原っぱでお昼寝。春になって暖かくなってきたからね。気持ちいいだろうね。



 北きつね牧場の北きつね達は近づいても逃げない子が多い。うるさく騒がなければ、けっこう近寄らせてくれる。とても撮りやすい。





 そして、身体を掻いてる北きつねちゃんもたくさんいる。春は毛が生え変わる換毛が始まる季節だからね。痒いよねぇ。



 たぬきはみんな別の部屋の中。
 まる&ぽこ姉妹。


 ぽんちゃんおばあちゃん。



 1時間滞在して、12時くらいになり、そうそう出ようか。
 と思ったのですが、また扉の前に北きつねがいる。今日は北きつねに通せんぼされまくる不思議な日だった。



 でも今回は真ん前まで近づくと避けてくれました。よかった。無事に退園。

 今日はもう一ヶ所、必ず行きたい場所があります。
 摩周湖。
 道東の弟子屈町にあり、旭川市の自宅からだと北の大地の水族館や北きつね牧場から更に2時間くらい行った場所。

 摩周湖は日本一の透明度で、世界でもトップレベルだそうです。風景の綺麗なところで、今までに何度か行ったことはあります。
 数ヶ月前くらいだったと思いますが、インターネットにあった占いをやってみたら、僕は「水属性」で、自分と相性の良いパワースポットは「摩周湖」だという結果だったので、久々に行って見ようと思いました。

 午後2時ごろに摩周湖の第一展望台に到着。
 何年ぶりかで久々に来たら、「摩周湖カムイテラス」というお土産や飲食の建物が出来ていました。ネットで調べてはありましたが、想像の何倍も大きくて立派。
 摩周湖カムイテラスからも摩周湖は見えるのですが、ちょっと見づらい。


 摩周湖の全体を見渡そうとしたらけっこう急な階段を登って屋上に行かなけばならず、僕は行けない。
 なので、摩周湖カムイテラスを出て、駐車場の端にあるスロープを歩いて展望台に登る。おお!?見覚えのある光景。昔からある展望台だ。なるほど。この展望台はそのままあるのね。なんか嬉しい。


 綺麗な摩周湖を見ながら深呼吸。気持ちを浄化して、パワーを貰う。


 それからもう一回、摩周湖カムイテラスに寄ってお土産を買って、なんだかんだでもう午後3時。摩周湖に1時間もいたのね。さて、帰ろう。
 4時間走って、午後7時ごろに旭川市の自宅に到着。
ブログ北海道の動物園・水族館
 2024年6月中旬 室蘭民報みんなの水族館(室蘭水族館)
 2024年6月中旬 おたる水族館
 2024年6月上旬 ビバアルパカ牧場「毛刈りショー」
 2024年5月下旬 ノースサファリサッポロ
 2024年5月中旬 おびひろ動物園
 2024年5月上旬 釧路市動物園
 2024年5月上旬 くしろ水族館ぷくぷく
 2024年5月初旬(GW) ビバアルパカ牧場
 2024年4月末(GW) 旭山動物園
2024年4月末(GW) 北の大地の水族館~北きつね牧場~摩周湖
 2024年4月中旬 円山動物園
 2024年4月中旬 AOAO SAPPORO
 2024年4月上旬 アザラシランド~アザラシシーパラダイス~オホーツクタワー
 2024年4月上旬 千歳水族館
 2024年3月下旬 旭山動物園
 2024年3月上旬 新さっぽろサンピアザ水族館
 2024年3月上旬 旭山動物園 冬のペンギン散歩
 2024年2月中旬 北きつね牧場
 2024年2月中旬 北の大地の水族館 氷結する水槽
 2024年2月中旬 ビバアルパカ牧場
 2024年1月 旭山動物園 冬のカバ
 2024年1月 旭山動物園 冬のキリン
 2024年1月 旭山動物園 冬のペンギン散歩
 2023年7月下旬 北海道札幌市 AOAO SAPPORO
 2023年6月中旬 北海道札幌市 ノースサファリサッポロ
 2023年6月中旬 北海道千歳市 千歳水族館
 2023年6月上旬 北海道旭川市 旭山動物園
 2023年6月上旬 北海道札幌市 円山動物園
 2023年5月下旬 北海道小樽市 おたる水族館
 2023年5月中旬 北海道札幌市 サンピアザ水族館
 2023年5月GW 剣淵町 ビバアルパカ牧場
 2023年5月GW 旭川市 旭山動物園(2日目)
 2023年5月GW 旭川市 旭山動物園(1日目)
 2023年4月末(3) 紋別市 オホーツクタワー
 2023年4月末(2) 紋別市 アザラシシーパラダイス
 2023年4月末(1) 紋別市 アザラシランド
 2023年4月中旬(2) 北見市瑠辺蘂 北の大地の水族館
 2023年4月中旬(1) 北見市瑠辺蘂 北きつね牧場
 2023年4月中旬 剣淵町 ビバアルパカ牧場
 2023年2月下旬 旭川市 旭山動物園
 2022年11月中旬 旭川市 旭山動物園
 2022年11月初旬 旭川市 旭山動物園
 アザラシの赤ちゃん